はじめての Google Analytics。これさえ設定しておけば何とかなる。

タイトルを偉そうにしてみたけれども、僕も Google Analytics 初心者です。すみません(笑)

これまで、アクセス解析などは全てディレクターさんにお願いしていたり、仕事として請けた案件でも、アクセス解析に触れる機会はあまりありませんでした。過去にいくつかのウェブサイトやコミュニティサイトを個人で運営したりはしたけれども、アクセス解析や SEO を考えたことはなかったです。というのも、そもそも PDCA サイクルをまわすとか考えなくても、小規模ながらそれなりに人が集まっていたので、何にも考えずに運営していました。ただ、思い返してみると、ある一定までは人が集まるけれどもそれ以上は・・・という状態だったように思います。やはりウェブサイトは、公開してから丁寧に育てていくものですね!

そんな初心者が、アクセス解析といえばこれ!という王道中の王道、Google Analytics の設定をしてみました。家に積まれたまま放置されていた Google Analytics 関連の本を引っ張りだし、読みながらググりながら色々とやってみたました。一応、最低限の形はできたのかな?と思うので、忘れないように記事にしてみました。

Google Analytics のトラッキング ID を取得する

まずは、Google Analytics に登録します。下記リンクより登録してください。

Google Analytics に登録する

Google アカウントへのログインが完了した右側にある [お申し込み] を押下します。

ga-001

ウェブサイトの URL やサイト名などを入力し [トラッキング ID を取得] を押下します。アカウント名はプロジェクト名などを入れておくとよいと思います。

ga-002

利用規約への同意確認画面がでてくるので、よく読み同意します。

ga-003

これで、トラッキング ID の取得が完了です。

ga-004

トラッキング ID の枝番を作成する

Google Analytics で最初にトラッキング ID を取得すると、UA-XXXXXXXX-1 というようなトラッキング ID になっています。この最後の数字が 1 になっているトラッキング ID は使用しません。プロパティをいくつか作成し、UA-XXXXXXXX-3 や UA-XXXXXXXX-5 などの枝番のトラッキング ID を使用します。不要なプロパティは削除しても問題ありません。

なぜ、このような七面倒臭いことを行う必要があるのかというと、Google Analytics ではさまざまなスパムデータが送られてくるからです。代表的なものとして、ゴーストスパム、リファラスパムと呼ばれているものがあります。このスパムの量が結構な量で、1日に数百から数千送られてきます。知らないと「おれのサイト人気じゃん!おれ氏感激!」なんて勘違いしちゃうくらいのアクセス数になります。これらのスパムは、トラッキングコードが設置されているウェブサイトにアクセスせず、Google Analytics に直接データを送りつけてきます。このようなスパムの傾向として、UA-XXXXXXXX-1 の XXXXXXXX の部分をランダム生成しデータを送りつけているようです。

参照元スパム対策をしてわかったこと

それでは、トラッキング ID の枝番を作成していきます。アナリティクス設定に遷移し、プロパティのプルダウンで [新しいプロパティを作成] を押下します。

ga-005

最初にトラッキング ID を取得した時と同じように、ウェブサイト名やウェブサイトの URL を入力し、[トラッキング ID の取得] を押下します。ウェブサイト名は、後で変更できるので、先ほど取得したトラッキング ID と区別がつくようなウェブサイト名にしておくとよいです。

ga-006

これで、トラッキング ID の取得が完了です。

ga-007

運営中のウェブサイトに埋め込むトラッキング ID は、ここで取得した枝番のトラッキング ID を使用します。枝番は、プロパティ作成毎に連番で増えていくので、以上の作業を2〜3回繰り返すして取得したトラッキング ID を使用するとよいかもしれません。

プロパティを削除する

プロパティの削除は、アナリティクス設定に遷移し、プロパティのプルダウンで削除したいプロパティを選択したのち、プロパティ設定に遷移します。

ga-011

次に、画面右側にある [ゴミ箱に移動] を押下します。

ga-009

次に [プロパティを削除] を押下します。

ga-010

これで、プロパティの削除は完了です。プロパティのプルダウンを開くと、削除したプロパティに打ち消し線が入っているが確認できます。

ga-012

プロパティ名を変更する

プロパティ名の変更は、アナリティクス設定に遷移し、プロパティのプルダウンでプロパティ名を変更したいプロパティを選択したのち、プロパティ設定に遷移します。

ga-008

新しいプロパティ名を入力し [保存] を押下したら変更完了です。

ビューのフィルタ設定

アクセス解析で何が邪魔かというと、1番は自分で自分のサイトにアクセスしたものがカウントされてしまうことだと思います。最初にこういった邪魔なものをカウントしないように、フィルタを設定して除外していきます。

特定の IP アドレスを除外する

アナリティクス設定→ビュー→フィルタと遷移してください。

ga-013

最初は何も登録されていません。ここで、自分の IP アドレスや会社の IP アドレスを除外するようにフィルターを登録してみましょう。

  1. [+フィルターを追加] ボタンを押下。
  2. [ビューにフィルタを適用する方法を選択] で [新しいフィルタを作成] を選択。
  3. フィルタ情報のフィルタ名入力欄に自分が分かりやすい名前を入力。
  4. フィルタ情報の [フィルタの種類] で [定義済み] を選択し、すぐ下の 3 つの選択は右から [除外] [IP アドレスからのトラフィック] [等しい]と選択する。
  5. [IP アドレス] のに自身の IP アドレスを入力。

ga-014

これで、登録した IP アドレスでのアクセスが除外されます。自分の IP アドレスを登録した場合、登録した IP アドレスが固定 IP アドレスでない場合、頻繁に変更しなくてはなりません。手間ですし、いつ IP アドレスが変わったかなんて分からないと思うので、Google Analytics オプトアウトアドオンで自分を除外するのが簡単だと思います。Google Analytics オプトアウトアドオンは、IE8+、Chrome、Firefox、Apple Safari、Opera で利用できます。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

スパムを除外する


[追記] アナリティクス設定→ビュー→ビュー設定と進み、ボットのフィルタリングの [既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します] にチェックを入れると、Google 側で多くのスパムを除外してくれます。それでも足りない場合は、以下の作業に進んでください。

Google Analytics に無造作にデータを送ってくるスパムの多くは、言語設定、ブラウザ、ホスト名が not set になるそうです。この性質を利用して、言語設定、ブラウザ、ホストが not set のユーザーを除外することでスパムを除外できそうです。注意として、言語設定、ブラウザ、ホスト名が not set を除外した場合、まともなアクセスも除外してしまう可能性があります。とりあえず、ホスト名が not set なアクセスだけ除外し、他は暫く様子をみてから設定した方がいいかもしれません。

  1. [+フィルターを追加] ボタンを押下。
  2. [ビューにフィルタを適用する方法を選択] で [新しいフィルタを作成] を選択。
  3. フィルタ情報のフィルタ名入力欄に自分が分かりやすい名前を入力。
  4. フィルタ情報の [フィルタの種類] で [カスタム] を選択。
  5. [除外] を選択。
  6. フィルタ フィールドで [ホスト名] を選択し、すぐ下のフィルタ パターンに「not set」と入力。

ga-015

これで、ホスト名が not set のアクセスは除外されます。言語設定、ブラウザも登録方法は同じです。

[追記] 特定の参照元(リファラー)を除外したい場合は、フィルタ フィールドで [キャンペーンのソース] を選択し、フィルタ パターンにドメインを入力すれば除外されます。除外したい参照元(リファラー)が複数ある場合は、半角縦線で区切って入力してください。

レポートの表示

Google Analytics は、他の無料アクセス解析ツールに比べて多機能で高性能です。それ故に、どうやって解析結果をみたらいいのか、どの項目をみたらいいのか、はじめはまったく分からないと思います。そんな時は、マイレポート機能を利用するといいです。マイレポート機能は、自分で見たい項目をテンプレートとして保存しておける機能で、作成したテンプレートはシェアすることができます。テンプレートは、沢山の方がシェアしているので、色々試して自分にあったものを探してみると、新しい発見があるかもしれません。

試しに、くっくるのマイレポートをシェアします。Google Analytics にログインした状態で以下のリンクを押下してみてください。マイレポートに、くっくるが使っているテンプレートを追加することができます。

VisuAlive のレポートテンプレート

VisuAlive のリアルタイムレポートテンプレート

慣れてきたら、自分にあったマイレポートを作成してみるといいと思います。

その他の設定

プロパティ設定、ビュー設定を好みに変えておきましょう。例えば、サイト内検索のトラッキングを行いたい場合は、ビュー設定のサイト内検索のトラッキングを ON にしておきます。Search Console(旧ウェブマスターツール)と連動したい場合は、プロパティ設定の Search Console の調整を変更しておきます。

使いこなせれば多機能で素晴らしいツールですが、使いこなすには日々の勉強が必要です。一筋縄ではいかないのが Google Analytics です。

トラッキングコードの設置

あらかた設定が完了したら、ウェブサイトにトラッキングコードを設置します。トラッキングコードの設置は簡単です。Google Analytics から提示される JavaScript のソースコードを、HTML や PHP などに貼り付けるだけです。あとは、トラッキングコードを貼り付けた HTML や PHP をウェブサイト上にアップロードすれば作業は完了です。

まず、トラッキングコードを取得します。アナリティクス設定→プロパティ→トラッキングコードと遷移します。

ga-017

JavaScript のソースコードが表示されているのでコピーします。コピーしたトラッキングコードを、<head> タグ内で <title> タグよりも後に貼り付けます。以下にトラッキングコードの設置例を示します。

サイトに analytics.js を追加する

WordPress の場合、プラグインを使えば簡単にトラッキングコードを設置できます。プラグインをインストールし、プラグインの設定画面でトラッキング ID (ex: UA-XXXXXXXX-3) を入力するだけです。

[appbox wordpress simple-universal-google-analytics]

最後に

最低限これだけの設定をしておければ、それなりのアクセス解析ができるのではないかと思います。よくブログ記事で、月間のアクセス数を記事にしているのをみかけますが、そういった記事もマイレポートをみればすぐに作成できそうです。ちなみにくっくるは、アクセス数を記事にすることはたぶん無いと思います(笑)

それでは本日はここまで。

Google Analytics に関する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by くっくる

WordPressを使ったウェブサイトの構築・HTMLコーディングの受託案件を中心に埼玉県にて活動中。バイラルメディア風にFacebook pageのいいね!ボタンを設置できるVA Social Buzzをはじめ、複数のWordPressプラグインを公開している。共著書として「エンジニアのためのWordPress開発入門」がある。

View all author posts →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA