wp_list_categories のリスト表示をカスタマイズ

こんにちは、KUCKLU(くっくる)です。

WordPress のサイドバーとかにカテゴリーリストを表示したりする時、wp_list_categories() を使用するかと思います。今回は wp_list_categories() 関数が出力する HTML を少し弄って、ナウでヤングな感じにしてみたいと思います。

wp_list_categories() をカスタマイズ

まずはいつも通りに functions.php に以下を追加。

あとは、いつも通り wp_list_categories() 関数をテーマ内に書く、またカテゴリーウィジェットを配置してみてください。上記の例では、記事件数をアンカータグ内に配置し、記事タイトルの前に Font awesome のアイコンを追加しています。$replacement を好きなように弄ってみてください。

カスタマイズ内容の説明

説明という程のものではありませんが、少しだけ解説を…。

変数 $pattern の部分で書き換えたいHTMLのパターンを設定しています。記事件数を表示するか否かを $args[‘show_count’] で判断し、三項演算子で条件を変えています。$replacement はどういう風に書き換えるかの設定です。こちらも、記事件数を表示するか否かを $args[‘show_count’] で判断し、三項演算子で条件を変えています。

最後に PHP の preg_replace() 関数で書き換え処理を行い return しています。これだけでは動きませんので、WordPress のフィルター API にフックして終わりです。

最後に…

フィルターフックやアクションフックを使えるようになると、WordPress のカスタマイズが楽になり幅も広がります。最初はよく分からないし難しいかもしれませんが、Codex などを読みながらトライしてみましょう。

では、本日はここまで!

くっくるでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by くっくる

WordPressを使ったウェブサイトの構築・HTMLコーディングの受託案件を中心に埼玉県にて活動中。バイラルメディア風にFacebook pageのいいね!ボタンを設置できるVA Social Buzzをはじめ、複数のWordPressプラグインを公開している。共著書として「エンジニアのためのWordPress開発入門」がある。

View all author posts →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください