Wi-Fi ルーターを 802.11ac 対応の I-O DATA WN-AC1600DGR3 にしてみた

クリスマスも終わり、お正月間近ですけど、いかがお過ごしですか?僕の家では、相方がインフル感染してオレ氏死亡フラグな状態です。そんな状態ですが、今回は、5 年程使用していた Wi-Fi ルーターを新調したので記事にしてみました。

gori.me(ゴリミー)さんの記事を読んで、秒速でポチりました。もともとそんなに速度に不満があったわけではないですけど、記事を読んで「こんなに変わるかの !」と驚き購入しました。
今回購入したのは、802.11ac 対応 I-O DATA 製 WN-AC1600DGR3 です。

I-O DATA 製 WN-AC1600DGR3をAmazonで購入する

軽く開封の儀

こちらが今回購入した、I-O DATA 製の WN-AC1600DGR3 です。本体を写真取るの失念しまったので省略しますけど、本体は薄くてそれそれなりにコンパクトなのではないでしょうか。

ルーターの設定

設定方法もシンプルで簡単です。いままでにルーターの設定経験が 1 回でもあればすぐに設定は終わります。本機に接続した端末から 192.168.0.1 という IP アドレスにウェブブラウザからアクセスして、各々が契約しているインターネットサービスプロバイダ ( ISP ) の接続情報を設定してあげれば、すぐに繋がります。

ルーターの必要最低限の設定

インターネットへの接続設定

かんたん接続から画面の指示通りに行うだけです。

無線 ( SSID ) の設定

初期パスワードは付属されている資料に記載があります。初期パスワードは数字のみですし、初期パスワードのまま使うのもセキュリティ的に危ないと思うので任意のものに変更します。くっくる家では、各 SSID に別々のパスワード ( 英数字大文字小文字込みの 30 文字 ) を設定しています。

設定した後に思ったんですけど、Nintendo 3DS LL の無線設定も変更しないといけないんだけど、パスワードが長くて面倒臭いな〜と(笑)

ルーター本体へのアクセス制限

初期設定では、ルーター本体へは何の認証もなくアクセスできてしまいます。この状態は好ましくないのでアクセス制限を設定します。

以上で、必要最低限の設定は終わりです。
その他の設定は各々お好みにお願いします。

回線速度がどれだけ速くなったのか検証

速くなる ! というからにはどれだけ速くなったのか気になる所です。簡単にですけど検証してみる事にしました。
今回検証に使用した端末とツールは以下です。
ちなみに、ルーター変更前は corega CG-WLR300NM という機種を使用していましたので、それとの比較です。

  • 回線速度の計測 : RBB SPEED TEST ( iPhone アプリ )
  • 検証端末 : iPone 6

こちらが Before & After です。
上の赤枠がルーター変更後、下の赤枠がルーター変更前です。

IMG_2102

正直な感想としては「こんなに違うのか・・・」という所です。いや〜、本当にびっくりしましたホントね。ちなみに、iPhone 5s では以下のような結果でした。iPhone 5s は After の結果しかないのであれなのですが。

IMG_1792

最後に・・・

corega CG-WLR300NM を使用していて、そんなに不満があったわけではないですが、ルーターを変えてみて体感速度もあがり凄く快適です。いままでダウンロードに 3 分くらい掛かっていたのが数十秒とかで終わったのはびっくりしました。これだけ、快適になると通信環境にお金を掛ける意味はあるのではないかと思います。

I-O DATA 製 WN-AC1600DGR3をAmazonで購入する

それでは、本日はここまで。よいお年を〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by くっくる

WordPressを使ったウェブサイトの構築・HTMLコーディングの受託案件を中心に埼玉県にて活動中。バイラルメディア風にFacebook pageのいいね!ボタンを設置できるVA Social Buzzをはじめ、複数のWordPressプラグインを公開している。共著書として「エンジニアのためのWordPress開発入門」がある。

View all author posts →

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください